普通免許のほかに必要な免許はある?

トラックの大きさで免許が異なる

運転免許を持っている人がそれを利用して仕事をしたいのであれば、配送を行う会社の求人を探すといいかもしれません。配送の中でもルート配送は決められた顧客に荷物を届ける仕事で、これまで配送の仕事の経験がない人でもやりやすいでしょう。では普通免許以外に免許が必要かですが、それぞれの業者が保有するトラックの種類によって異なるといえるでしょう。荷物の量がそれほど多くない配送を行う会社であれば普通免許のみで運転できるケースが多く、それ以外に持っていなくても応募できますし仕事もできます。一方荷物の量が多い会社だと大きなトラックしか配備しておらず、それらのトラックを運転するための免許が別途必要になるときもあります。求人情報の必要な免許欄を確認するようにしましょう。

フォークリフト免許で給料アップ

配送の仕事では荷物を目的地に届けるのがメインになるでしょう。ルート配送においても他の配送と同様で目的地まで行ければいいので、そのための免許として普通免許を持っていれば求人に応募できるケースが多くなります。応募して仕事をするだけでなくできるだけ給料をたくさんもらいたいと考えるなら、評価アップしてもらえる免許の情報を知っておきましょう。評価がアップする免許としてフォークリフトがあり、荷物を積んだり下ろしたりするときに使えます。通常は現場のフォークリフト操縦者に依頼して行ってもらいますが、免許を持っていれば自分で積み荷も荷下ろしもでき時間の短縮につながります。別途手当てがもらえれば給料アップも可能になるでしょう。

ルート配送は就業時間が規則正しく、車両も普通自動車運転免許で運転できる大きさである場合が殆どであることから、ルート配送の転職運送業が初めての人でも参入のハードルは低いと言えます。