どんな荷物を運ぶ可能性がある?重たい荷物もある?

重い荷物は台車を使って運ぶ

ルート配送の求人に応募するときは、どんな荷物を運ぶ可能性があるか事前にチェックしておくと安心です。重たい荷物を運ぶ場合はそれなりの体力も要求されます。基本的に荷物はすべて自分で積み込むので慣れるまではきつく感じることもあるでしょう。重たい荷物は台車を使って運ぶなど、工夫しながら作業を進めていくのが疲れにくくなるポイントです。荷物は段ボールで梱包されていたりコンテナに入っているなど現場によって様々なパターンがあります。荷物を積み込む順番は配送ルートによって決まるのが一般的です。後半で回る荷物は奥側に、前半に届ける荷物は手前に積み込んでいきます。他の人がフォークリフトで積んでくれるなどルールは現場によって様々です。

なるべく荷物が動かないようにする

荷物は車の中で動かないようにスペースを意識しながら積み込む必要があります。荷物が少ないときはバーやネットで固定したり破損を防ぐための対策も大事です。荷物がしっかり固定されていれば事故など万が一のときも被害を最小限に抑えられます。交差点はなるべく速度を落として曲がる、急ブレーキにならないよう車間距離に余裕を持たせるといった運転中の心構えも大切です。食品の場合は冷蔵や冷凍など、商品ごとに定められている保存方法を守らなければなりません。ルート配送で運ぶ荷物の種類は求人に記載されているのでしっかり確認しておきましょう。どんな荷物を扱っているのか求人に記載されていないときは遠慮なく問い合わせてみて下さい。